[一覧へ]
▼ 変更履歴

SHARP CS-S952-X

SHARP CS-S952-X 正面写真 メーカーSHARP
型名CS-S952-X
種別(メーカー分類)一般電卓(グリーン購入法適合電卓|実務電卓)
発売開始2012年11月27日
製造終了-
寸法 奥行 191 mm × 幅 132 mm × 厚さ 36 mm(公表値)
※実測したところほぼ一致した。
重量245g(電池を含んだ公表値)
248g(実測値)
入力方式標準方式
画面白黒液晶7セグメント12桁+負号
+7セグメント・カウンター2桁
+状態インジケーター19個
CPU不明
RAM不明
ROM/Flash不明
電源CR2032 × 1+太陽電池
プログラミング言語なし
公式ページ 電卓 CS-S952-X:シャープ
説明書URL 取扱説明書ダウンロード│電卓│サポート・お問い合わせ:シャープ
※pdfファイルへの直接リンクはやめておきます。
著者の購入年2018年2月
著者の購入価格(購入店)4,428円(税込)(ビックカメラ有楽町店)ポイント10%還元あり

概要

本機 CS-S952-X は SHARP の最上位実務電卓の1つです。
機能が豊富で価格もそれほど高くありません(DS-20DB などの CASIO 本格実務電卓と比較したとき)。
SHARP の電卓サイトに行って、本機を見つける場合、「グリーン購入法適合電卓」をクリックしないといけません(2018年3月17日現在)。
同型機 CS-S952C-Xは「実務電卓」を押すと、表示されます(2018年3月17日現在)。
ここのところは、SHARP の分類の仕方が悪いような気がします。

目次

  1. 機能一覧(使い方)
  2. レビュー
    1. 他機種との大きさ比較
    2. 機能が多い
    3. キーボード
    4. その他
    5. 総評

機能一覧(使い方)

▼ ここを押すと「機能一覧」を表示できます(JavaScriptをONにして下さい)

▲目次へ

レビュー

他機種との大きさ比較

3つの実務電卓を上から見る

上写真の左から Canon HS-1220TSGCASIO DS-20DB、そして本機 SHARP CS-S952-X です。
各機種の上から見た面積を比較してみましょう。

機種名奥行 × 幅面積
Canon HS-1220TSG179.5 mm × 130 mm23,335 mm2
CASIO DS-20DB189 mm × 137 mm25,893 mm2
SHARP CS-S952-X191 mm × 132 mm25,212 mm2

本機は CASIO DS-20DB より少し面積が少ないだけです。
今時の電卓としては大型の部類です。

3つの実務電卓を斜め下から見る

斜め下から見てみると、写真右の本機の画面に強い傾斜が付いているので、本機の厚みが大きいことが分かります(画像集も参照)。
このため、携帯性は写真中央の CASIO DS-20DB より不利になります。

▲目次へ

機能が多い

本機 SHARP CS-S952-X の特徴は機能が多いことです。
CASIOの実務電卓でここまで機能が多いものはないでしょう(2018年3月現在)。

続行

小数点キー(続行)

本機は約7分の無操作状態が続くと、オートパワーオフします。
たいていの電卓の場合、再起動すると途中まで計算していた状態を忘れてしまいます。
再起動してもメモリーやGTを維持する電卓はありますが、たいてい計算の途中状態までは維持しません。

ところが、本機は「続行」機能で計算の途中状態を復活することが可能です。
本機がオートパワーオフしているときに[.]キー(小数点)を押すだけです。
これでオートパワーオフ前の状態が完全に復活可能です。

2018年3月現在、この機能を搭載している機種は少ないようです。
本機 CS-S952-X 以外には、SHARP の他の上位機種 CS-S952C-X, EL-N942-X, EL-N942C-X に搭載されています。

カウンター

カウンター

上写真の左上の数値(38)がカウンターです。
四則演算を連続で行っているときに入力した(置数した)数値の回数を表示する機能です。
入力する数値の数が決まっているときは、入力忘れの確認として役立つことでしょう。
表示範囲は00〜99です。100になると00に戻ります。
詳細は上の「機能一覧」のカウンターを参照して下さい。

この機能は、SHARP の他の一部の電卓でも利用可能です。

アンサーチェック

アンサーチェック

2回計算したとき、それらの結果が同じ時に OK を表示するという機能です。
メモを取らなくても検算ができます。
ただし、計算の途中過程は確認していません。

アンサーチェックを有効にしたとき、GTは使えなくなります。

この機能は、SHARP の他の一部の電卓でも利用可能です。

GTを無効化できる

グランドトータル(GT)/アンサーチェックスイッチ(GT無効状態)

「グランドトータル(GT)/アンサーチェックスイッチ」(上の写真)で中央の・を選択すると、通常の状態(アンサーチェックではない状態)で GT を無効化できます。
GT は意識的に使わないときは邪魔とも考えられますので、GT を使いたくないときは少し便利でしょう。

2018年3月現在、この機能を搭載している機種は少ないようです。
本機 CS-S952-X 以外には、SHARP CS-S952C-X, CS-2135L, EL-VN82, EL-N802 に搭載されています。

日数計算に両落まである

ラウンド/両落・片落・両入スイッチ

日数計算の主な目的は期間の長さ(日数)を求めることです。
本機 SHARP CS-S952-X の期間計算の方法は以下の3つです。

両落:期間の長さに初日と最終日を含めない。
片落:期間の長さに初日と最終日のどちらか1つを含めない。
両入:期間の長さに初日と最終日を含める。

たいていの実務電卓(SHARP以外も含む)だと、片落だけ、あるいは片落と両入が使えることが多いようです。
しかし、本機では珍しく「両落」が使えます。
両落の用途は少ないような気がするのですが、本機の機能の多さを象徴しているような感じです。

2018年3月現在、「両落」を搭載している機種は少ないようです。
本機 CS-S952-X 以外には、SHARP CS-S952C-X だけに搭載されているようです。

▲目次へ

キーボード

押しやすさはいまいち

本機 CS-S952-X のキーは、電卓によくある端を押すと傾くキーです。

CS-S952-X のキーが傾いているところ

キーを押し込んでいる途中でグラつきを感じます。そのせいか押し込んでいる途中は指が落ち着きません。
早打ちをするとこのグラつきのせいか指が疲れます。
しかもキーをしっかりと押し込まないと反応が悪い時もあります。

キーとキーの間の隙間は、キーの大きさを考えると狭いと言えます。
そのため、キーボードが窮屈な感じがしてストレスを感じます。

本機 CS-S952-X のキーは、先日紹介した CASIO DS-20DB ほど快適ではありません。
CASIO DS-20DB のキーは、キーとキーの間の隙間が広く、適当に押しても反応してくれるので、ストレスを感じません。

それでも本機 CS-S952-X のキーは、SHARP EL-S452-XCASIO JF-120GT のような安い機種のキーよりは打ちやすいと言えます。

しかし、Canon HS-1220TSG のように安くてもキーが打ちやすいものもあります。
筆者の個人的な感覚では、Canon HS-1220TSG の方が本機よりも打ちやすく感じますが、これは人によるでしょう。

サイレントキーなのに音が大きい

本機のパッケージの裏に「サイレントキー」と明記されています。

パッケージの裏に「サイレントキー」と書かれている

しかし、打鍵音は大きいとしか言いようがありません。
本機 CS-S952-X の打鍵音は、私が持っている他の実務電卓 SHARP EL-S452-X, Canon HS-1220TSG, CASIO JF-120GT, CASIO DS-20DB のいずれよりも大きく感じます。

▲目次へ

その他

今時珍しい冊子になった説明書

一般電卓の説明書はたいてい紙一枚を折り畳んだものです。
前回紹介した CASIO DS-20DB のような高級機でも同様です。

しかし、本機の説明書は違います!
何とちゃんと冊子になった説明書なのです。

CS-S952-X 説明書 CS-S952-X 説明書を開いた状態

一般電卓なのに表紙と裏表紙を除いて、30ページもある説明書です。
紙一枚を折り畳んだものより格段に読みやすいと言えます。

最近の SHARP の一般電卓の説明書は手抜きすぎて[CA][C][CE]の違いすらまともに説明できていないものもあります(EL-S452-XEL-VN82など)。
しかし、この説明書はそのようなことはありません。

日数計算と時間計算のキーの位置が分かり難い

[M+](日数)キー [√](時間)キー

上の機能一覧のように日数計算をするときは、[C][M+]を押して日数計算モードに入ります。
時間計算をするときは、[C][√]を押して、時間計算モードに入ります。
もちろん[M+]キーや[√]キーの近くに「日数」「時間」と印刷されていますが、お互いに離れた場所にあって慣れないと見つけ難いのです。

さらに日数計算に[M+]を使ったのは失敗ではないでしょうか。
[C][M+]と押すべきところで[C]を押し忘れると、メモリーの内容を書き換えてしまう可能性があります。
間違いにすぐに気がつけば、[M-]を押して回復はできます。しかし、別の操作をしてしまうと回復できません。
[M+]ではなく、他のキーに割り当てるべきだったと思います。

ただし、日数計算と時間計算のキーが分かれているのは、CASIOの電卓よりも良いと思います。
CASIOの電卓の中で日数計算と時間計算ができる機種は、それらの計算を開始するキーが1つになっています。
その副作用でCASIOの電卓は日数計算の開始方法が分かり難くくなっています(2018年3月現在)。

電池蓋のネジの頭の溝が短いので回し難い

個体差の可能性はありますが、電池蓋に使われているネジの頭の十字の溝が短くて回しにくいのです。

電池蓋のネジ頭

溝が短いので、ドライバーのサイズを適切に選んでしっかりと押し当てないと、回転しません。
溝の短いネジの頭は潰れやすいので、回す時は慎重に回す必要があります。

▲目次へ

総評

本機 SHARP CS-S952-X は、SHARPの最上位電卓の1つです(2018年3月現在)。
最上位と言っても2018年2月に4,428円で買えたので、特別に高価というわけではありません。

SHARP 最上位電卓の1つだけあって機能は充実しています。
前回紹介した CASIO DS-20DB (2018年2月に7,506円で購入)よりも安くて機能が多いのです。
特に「続行」は他社にない便利なものです。

しかし、本機のキーボードの打ちやすさは CASIO DS-20DB よりもかなり見劣りします。
個人的には低価格実務電卓の Canon HS-1220TSG よりも打ちにくいのではないかと疑っています(ここは感覚的な問題なので、個々人によって異なるでしょう)。
しかもサイレントキーを自称しているにも関わらず、その打鍵音は私が今までに経験した実務電卓の中で最大級の音量です。

携帯性も良いとは言えません。
画面に強い傾斜が付いているので、側面から見るとくの字型になっており、携帯しにくい形状になっています(画像集の側面の形状を参照)。

以上のように本機は SHARP 最上位電卓の1つとは言え、価格の限界も感じます。
しかし、CASIO の本格実務電卓(CASIO DS-20DB含む)が総じて高価過ぎるという面もあり、本機で十分という人も多いでしょう。
特に SHARP系の操作にこだわる人には、良い電卓でしょう。
しかし、キーの打鍵音が大きいことに注意する必要があります。

▲目次へ

[一覧へ]