[一覧へ]
▼ 変更履歴

CASIO fx-375ESA

CASIO fx-375ESA 正面画像 メーカーCASIO
型名fx-375ESA(厳密には"fx-375ES A"とAの前に空白を入れる)
種別関数電卓
発売開始2019年8月
製造終了-
寸法 奥行 161.5mm × 幅 77mm × 厚さ 11.1mm(ボタンを入れると約13.5mm)
ハードケース背面装着時 : 奥行 約163mm × 幅 約81.5mm × 厚さ 約19mm(実測値)
重量95g(メーカー公表値)、97g(電池含んだときの実測値)、
132g(ハードケース装着時の実測値)
入力方式教科書表示方式、ライン表示方式
画面青色液晶 96 × 31 画素+状態インジケーター16個
(液晶パネルに18個のインジケーターがあるが、2個は未使用)
CPU不明
RAM不明
ROM/Flash不明
電源LR44 × 1 +太陽電池
プログラミング言語なし
公式ページfx-375ESA | スタンダード関数電卓 | 関数電卓 | 電卓 | CASIO
説明書URLfx-375ES A 取扱説明書ダウンロード
著者の購入年2019年8月
著者の購入価格(購入店)2,460円(税込)(ヨドバシ.com)10%ポイント還元あり

概要

数式自然表示(教科書表示)ができる関数電卓の中で国内最安値だったCASIO fx-375ESの後継機種です。
計算機能は前機種と一緒ですが、電卓IDとQRコード表示機能が追加されています。
外観は別物のように変わり、機械的な作りにかなりの違いが見られます。
テストモードにも変更があります。

目次

  1. レビュー
    1. 電卓IDとQRコードを表示する機能
    2. ハードケースのラベルで単位換算コードが見れない
    3. 電池蓋がなくなった
    4. テストモード

レビュー

計算機能は前機種fx-375ESと一緒です。計算速度も一緒です。
そのため、自然表示(教科書表示)関数電卓の入門機的な位置付けも変わっていません。

前機種に対する利点と欠点をまとめると以下のようになります。

前機種fx-375ESに対する利点

  1. 電卓の背面にハードケースを装着すると、机に置いてキーを押してもガタガタと音を立てなくなった。
  2. ハードケースが上下どちらの方向でも装着可能。
  3. キーを押したときの感触が安定したものになった。
  4. 電卓IDと説明書ダウンロード用QRコードが表示できるようになった。
  5. テストモードで従来のテストを部分的に実行できるようになった。

前機種fx-375ESに対する欠点

  1. ハードケースのラベルで単位換算コードが見れなくなった。
  2. 電池蓋がなくなった。
  3. キーを押した時の感触が硬くなった(人によってはこれが良いかもしれない)。
  4. 高価になった(将来改善するかもしれない)。

以上のように欠点もあるので、前機種よりも必ずしも良いというものではありません。

▲目次へ

電卓IDとQRコードを表示する機能

計算モード選択画面で[0]キーを押すと、電卓IDとQRコードが表示されるようになりました。

CASIO fx-375ESA 計算モード 選択画面 CASIO fx-375ESA 電卓IDとQRコードを表示
計算モード選択画面 電卓IDとQRコード

電卓IDは24文字(ハイフン除く)もある長いもので、偽物かどうかの判定用かもしれません。 中国でCASIOの電卓の偽物が大量に作られているからです。 ただし、CASIOがこのIDをどのように運用するのかは不明です。

QRコードをスマートフォンで読み取ると、PDFの説明書をダウンロードできるWebページが表示されます。 ハードケースのラベルに単位換算コードが印刷されていないことに対する代替措置なのかもしれませんが、スマートフォンが紙の説明書の代わりになるだけです。

▲目次へ

ハードケースのラベルで単位換算コードが見れない

ハードケースに貼られているラベルに単位換算コードが印刷されていません。科学定数コードのみ印刷されています。

CASIO fx-375ESAは、ハードケースのラベルで単位換算コードが見れない。

写真左の前機種のようにリファレンスラベルをめくる方式は多少強引ですが、単位換算コードを全て参照することができました。
写真右の本機fx-375ESAの場合、説明書(紙あるいはPDFファイル)がないと単位換算ができません。
ここは前機種よりも退化してしまいました。

▲目次へ

電池蓋がなくなった

前機種にあった電池蓋がなくなってしまいました。 本体の背面を外さないと電池交換ができなくなったのです。 電池交換は頻繁にするものではないのですが、電池交換がやりにくくなったのは間違いないでしょう。

CASIO fx-375ESAは電池蓋がないので、本体の背面を外さないと電池交換ができない。
▲目次へ

テストモード

テストモードを使うことによってハードウェアの診断が可能です。メーカーが出荷検査や異常調査のために使用するものと思われます。
ただし、テストモードを実行することによって、メモリと設定は初期化されてしまいます。

前機種fx-375ESと同様のテストモードが利用できます。さらにメニュー形式のテストモードも追加されました。

[SHIFT][ON][7]の3つのキーを同時に押すと、テストモードに入るのは今までと同様です。 しかし、テストモードの画面が変更されました。

CASIO fx-375ESA テストモード

この画面が表示されている間に[9]を押すと、従来のテストモードが実行されます。
[6]を押すと、新しく追加されたメニュー形式のテストモードが表示されます。

画面に簡単な計算問題が表示されていますが、答えを入力すると "TEST OK" と表示されてテストモードから抜けるようになっています。 テストモードを実行させないように誘導しているようです。
右上の2つの数値は/の前が計算問題で正解した数(16進数)、/の後ろがテストモードを起動した回数(16進数)です。

従来と同様のテストモードは、下の藤堂俊介氏の動画で使い方が分かります。
動画はfx-373ESのものですが、fx-375ESAでも同様に行えます。

新しく追加されたメニュー形式のテストモードは以下のような画面になります。

CASIO fx-375ESA メニュー形式のテストモード

従来のテストモードを部分的に実行できるようになっているだけです。 テスト内容は従来のテストモードと一緒です。

▲目次へ
[一覧へ]


Google AdSense