[本文へ]
▼ 変更履歴

CASIO fx-JP900 テストモード(診断モード)

fx-JP900 のテストモード(診断モード)

概要

ここでは、CASIO fx-JP900 のテストモード(診断モード)について説明します。
テストモード1とテストモード2という名称は筆者が勝手に命名しました。

テストモードを実行すると、メモリと設定が初期化されてしまいます。ご注意下さい。

目次

  1. テストモード1
  2. テストモード2

テストモード1

LCD検査、ファームウェアバージョン表示、チェックサム表示、メモリ検査、シリアル番号表示、キーボード検査、LCDコントラスト調整を行います。

操作操作後の画面説明
1 [SHIFT]と[7]を押しながら[ON]を押す テストモード起動 テストモード起動
DIAGNOSTIC = 診断
2 5秒以内に[9]を押す テストモード1に入った テストモード1に入った
3 [SHIFT]を押す LCD全点灯 LCD全点灯
4 [SHIFT]を押す LCD全消灯 LCD全消灯
5 [SHIFT]を押す 状態インジケーター全点灯 各画素を交互に点灯 状態インジケーター全点灯
各画素を交互に点灯
6 [SHIFT]を押す 状態インジケーター全消灯 各画素を交互に点灯 状態インジケーター全消灯
各画素を交互に点灯
7 [SHIFT]を押す ファームウェア種別とバージョンの表示 ファームウェア種別とバージョンの表示
写真は2018年10月に購入した fx-JP900

2016年2月に購入したfx-JP900は VerA だった
8 ここで
[MENU]を押すと、9へ
[AC]を押すと、11へ
9 チェックサムの表示とメモリの検査 チェックサムの表示とメモリの検査
10 [AC]を押す 12桁のシリアル番号 12桁のシリアル番号
11 [AC]を押す キーボード試験の開始 キーボード試験の開始
12 [SHIFT][ALPHA][↑][→][MENU]
[OPTN][CALC][←][↓][∫][x]

[ON]を押してはいけない
キーボード試験 11まで 方向キーを押す順番が特殊なので注意
13 [分数]から右端のキーまで押す
[(-)]から右端のキーまで押す
[STO]から右端のキーまで押す
[7]から右端のキーまで押す
[4]から右端のキーまで押す
[1]から右端のキーまで押す
[0]から[Ans]まで押す
キーボード試験 48まで
14 [=]を押す LCDコントラスト調整 LCDコントラスト調整
方向キーの左右でLCDの濃淡を調整できる
15 [AC]を押す テストが正常に終了 テストが正常に終了
16 [AC]を押す 通常モードへ復帰 テストモード終了
通常モードへ復帰
▲目次へ

テストモード2

一部のキーとバッテリーと太陽電池パネルの検査をします。

操作操作後の画面説明
1 [SHIFT]と[7]を押しながら[ON]を押す テストモード起動 テストモード起動
DIAGNOSTIC = 診断
2 5秒以内に[8]を押す テストモード2に入った テストモード2に入った
3 太陽電池パネルを光から遮断する
(筆者は消しゴムを使った)
太陽電池パネルを光から遮断する 6で必要になる
4 [1]を押す [1]を押す 実際にはキーを押す順番は任意
5 [5][)][x]を押す
画面上の[logab]に対応するキーは[x]である
[5][)][x]を押す 実際にはキーを押す順番は任意
6 [SHIFT][9][log][0]を押す [SHIFT][9][log][0]を押す(バッテリーの動作確認) 実際には押す順番は任意

太陽電池パネルを遮光していないと
"Battery MODEL OK!" が表示されないことがある
(この操作後に太陽電池パネルを遮光しても
表示されるが、失敗しやすくなる)
7 太陽電池パネルに光を照射する
(消しゴムを太陽電池パネルから除去する)
太陽電池パネルに光を照射する 太陽電池パネルの動作確認
8 [AC]を押す 通常モードへ復帰 テストモード終了
通常モードへ復帰
▲目次へ


[本文へ]

Google AdSense